みんなで新北海道スタイル

新北海道スタイル取組事例

新北海道スタイルモデルアクション
接待を伴う飲食店(すすきの地区)選定ビル

ニュー北星ビル

各テナント店舗が抱える
様々な悩みに寄り添う

Point1
管理スタッフが2時間ごとに共用部分を消毒
Point2
各階の非常口を定時開放し、換気を徹底
Point3
テナントへの働きかけや相談対応等を実施
ニュー北星ビルの外観

ニュー北星ビルの外観

まず、ニュー北星(ほくせい)ビルを管理している貴社((株)北星コーポレーション)について教えてください。

弊社は昭和27年に設立し、当初は不動産賃貸及び仲介業を実施していましたが、平成30年10月より不動産管理業も兼業することとなり今日に至っております。ビルにご入居頂いているテナントの皆さまはもとより、そこに勤務なさる方、ご来店される方も全て「当社の重要なお客様である」ということをモットーにお客様からのご相談やご要望等に真摯に対応しております。

貴ビルでは、どのようなコロナ対策に取り組まれているのでしょうか。

ニュー北星ビルでは、すすきの観光協会が作成した「新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」のうち、ビルオーナーが取り組むべき共用エリアの衛生管理の内容を実践しています。また、2時間ごとに当社のビル管理スタッフが巡回しており、その際に、各階の非常口を全開にすることで、ビル全体の換気を徹底しています。同時に、不特定多数の人の手が触れる場所の消毒やトイレ清掃を実施することで、感染リスクの低減に取り組んでいます。なお、巡回するスタッフについては、出社の際、検温を実施し、その記録を残しております。

(各テナントから提出される「新北海道スタイル」実践確約書)

(各テナントから提出される
「新北海道スタイル」実践確約書)

ビルの各テナントと連携して、感染拡大防止に取り組んでいるとお聞きしました。

はい。各テナントからは、「新北海道スタイル」を実践するという「表明確約書」を提出いただいており、その項目の1つとして、北海道コロナ通知システムも導入いただくこととなっています。また、各テナントに対して、例えば、助成制度の概要など、感染拡大防止等につながる情報を提供するとともに、相談への対応も行うなど、ビル一丸となってコロナに対する危機意識や対策を共有し、取組を徹底しています。

(共用部分の利用者向けに、北海道コロナ通知システムのQRコードは各階に掲示)

(共用部分の利用者向けに、北海道コロナ
通知システムのQRコードは各階に掲示)

最後に、感染拡大防止のため、今後どのような取組をされていく予定ですか。

感染拡大防止のため、各テナントの皆様と協力して、感染防止対策をひとつひとつ、できることを確実に取り組んでいきたいと考えております。また、長引くコロナ禍で、ご来店いただいたお客様に少しでも安心・安全にご飲食を楽しんでいただくとともに、再び、すすきの地区へ多くの人に戻ってきてもらえるよう、微力ながら尽力していきたいと思っています。

名称:株式会社北星コーポレーション
本社:札幌市
業種:不動産賃貸業
概要:昭和27年設立。すすきの地区等に賃貸ビル4棟を所有。
H P : http://www.hokusei-c.co.jp/
TEL : 011-232-5501